リペアジェルって界面活性剤や防腐剤は含まれてるの?

リペアジェルって界面活性剤や防腐剤は含まれてるの?

 

いま世の中にある化粧品、シャンプーやリンス、石鹸など、あらゆる製品にはコストを抑えるために肌に良くないとされる成分が含まれています。

 

とくに、市販されている値段の安いものは、コストを抑えるためにそういうものが使われているみたいですね…

 

■合成界面活性剤 ⇒ 石油系合成界面活性剤”は角質層を壊す、皮膚障害を引き起こす可能性
■防腐剤 ⇒ パラベンやフェノキシエタノールで肌の炎症、刺激などを与える可能性

 

別にこういうのを使い続けることですぐに悪化するわけじゃありませんし、肌質の違いや体質の違いで悪影響が出る人も出ない人もいます。
なので、

 

合成界面活性剤=悪
防腐剤=悪

 

というわけではありません。
でも、もちろんリスクは無いほうが良いですよね。

 

ここまで書きましたが、リペアジェルにはそういった成分は入っていないので安心して使えます(^^*)

 

ただし、注意してほしいことがあります…

 

その代わりに注意することとは!?

合成界面活性剤や防腐剤が使われるのにはもちろん理由があります!

 

合成界面活性剤は美容成分を浸透させやすくするため
防腐剤は保存期間を長くするため

 

リペアジェルは、ビタミンC生命体というのを超微粒子成分として、角質層にまで浸透させる力を持っているので、浸透力は問題ないかと思います。

 

でも…

 

使用期限(消費期限)が短めです。

 

驚いたことがあるんですが、リペアジェルは空気に長く触れると茶色く変色します。

 

以前、わたしがリペアジェル(お試し)を使い終わってからなんとなく捨てずに放っておいたんですが、ふと見てみると容器のフタにくっついていたジェルの残りが変色していたんです…!

 

「え!?リペアジェルって透明じゃなかったっけ!?」

 

と思うくらいキレイに茶色くなっていたんです(汗)

 

一般的に、化粧品は未開封なら3年開封しても1シーズン〜半年くらいは持つように作られているはずですが…

 

きっと、これが防腐剤・保存料を使っていないからなんでしょうね(^^;)

 

安全性を追いかけると、逆にそういう部分がダメになってしまうんですね…

 

あなたも、もしもリペアジェルを試すようでしたら、なるべく早めに使い切ることをオススメします。

 

>>リペアジェルの使用期限はどのくらい?

>>リペアジェルの成分はどんなのが入っているの?

 

界面活性剤や防腐剤は含まれてるの?

リペアジェルお得なトライアル購入はこちら